愚痴ばかり言う母親は どうして変わろうとしないのか

 

小さい頃から母親の愚痴を聞き続けてきた。

愚痴の中身はだいたい、父親に関すること。

 

「お父さんはほんとひどい人」

 

じゃあなんでお父さんと別れないの?

自らの手で環境を変えようとしないんだろう?

 

小さい頃は、お前がいるから別れられないんだ、と言われることもあった。

今は私ももう大人になったんだし、離婚すればいいじゃない?

 

でもしない。

今度は、「お金がないから離婚できない」

 

そして相変わらず、愚痴を言い続ける母。

 

どうして母は不幸なのに、その不幸から抜け出そうとせず、ずっと同じままなんだろう?

何をアドバイスしても、行動しない言い訳が返ってくるだけ。

 

ここではそんなあなたと一緒に、愚痴ばかり言う母親が変わろうとしない心理を探ってみたいと思います。

 

私の母も愚痴ばかり

 

 

昭和の家庭にありがちなのでしょうか。

私の両親は、亭主関白で横暴な父親、夫に逆らえない弱い母親、という夫婦関係でした。

こんな記事を書こうとするくらいですから、私も幼い頃から母の愚痴を聞かされ続けてきました。

 

愚痴の内容はほぼ父のこと。

いかに父がひどい人で、いかに母は父に苦しめられているのか、と繰り返し、延々と話し続けるのでした。

 

物心ついてくると、愚痴を言っている母親を助けてあげたい、と思うようになってきます。

 

そして「お父さんの言うことなんか気にしなきゃいいよ」「そんなに苦しいのなら別れてもいいんじゃない?」「言いなりになる必要なんてない」などと、子どもなりに感じたことを言ったりします。

 

でも、私が何かアドバイス的なことを口にすると、

「あなたは全然わかってない」

「あなたたちがいるんだから別れられないんだ」

「私が何か言ったところで倍になって返ってくるだけ」

などと反論される。

そして結局、親二人の夫婦関係は何も変わらない。

 

そして愚痴は日々延々と聞かされ続ける。

 

母親の愚痴を聞くことがどんどんストレスになっていき、イライラしてきます。

でも、愚痴を聞きたくないという思いを抱くなんて親不孝だ、とも感じられて、イライラすると同時にソワソワしてくる。

 

そのうち、母をこんなに苦しめる父がいけないんだ!と、と強く思い込むようになりました。

 

 

母親の愚痴って疲れませんか?

 

 

私の経験をお話ししましたが、あなたの母親はどんな感じだったでしょうか?

 

愚痴を言い続ける母親がいる方とお話をすると、私と同じような経験をされている方が多いことに驚きます。

 

ほとんどの方が、愚痴を言う母親のために、なんとか力になってあげたいと思って色々やってきたけど無駄だった、という気持ちを抱えています。

 

そしてもうね、疲れてますね。

 

愚痴を聞くって結構疲れます。

だって、ネガティブな感情をえんえんと浴びせられるのですから。

 

あとね、愚痴って建設的、つまり前向きじゃないですよね。

やっぱり、こう、よい方向に向かっていくような話をしているほうが気持ち良くないですか?

好きな芸能人、旅行に行きたい場所、美味しいカフェ、などなど。

 

でも愚痴を言う母親は、あなたが楽しげに話すと、なぜか足を引っ張るようなことを言ってきたりもします。

 

それどころか、「いいわね、あなたはそんなに楽しそうで。それに比べて私なんて・・・」なんて言いながら、愚痴を再開し始めたりします。

 

愚痴を言う母親に巻き込まれ、いつの間にかネガティブな気分になっていっても、もう愚痴を聞きたくないとはっきり言うのも罪悪感を感じます。

なぜなら子供である自分は母親を助けるべきと思っており、母親の支えである自分が愚痴を拒否することで、母親が裏切られたような気持ちになるのではと思っているからです。

 

母親を助けたい

でも、もう愚痴は聞きたくない

 

そんな気持ちの中で心が揺れ動くのも、、、すごく疲れますよね・・・

 

でつい思ってしまいませんか?

(なんでこの人は同じような愚痴をずっと言い続けて、こんなにも変わらないんだろう?)

 

なぜ母親は変わろうとしないのか?

 

 

では一体なぜ、愚痴を言い続ける母親は変わろうとしないのでしょうか?

 

口では、変わる!、と言うこともあるかもしれません。

 

「次こそははっきりお父さん(夫)に言ってやるわ」

「もう離婚よ」

「金輪際、言いなりになんてならない」

 

でも、いつの間にかその決意は忘れ去られている。

それを指摘すると、あれやこれやと変われない言い訳をしてくる。

 

「お金がないからお父さん(夫)と一緒にいるしかない」

「反論しようものなら何されるかわからないわ」

「私が変わるんじゃなくて、お父さん(夫)が変わるべきなのよ!」

 

じゃあ、専業主婦でお金がないのなら、自分でお金を稼ぐ方法を探してみたら?

そんなにお父さんが嫌なんだったら。

 

上記のように、現状を改善するための方法を提案しようものなら、「でも」「だって」「そうは言っても」などの言い訳が続き、最後には「そんなこと言うなんて、なんてひどい娘なの」とまで言い出す始末。

 

(お母さんは一体何をどうしたいの?)と心底思う方も多いかもしれませんね。

私もそうでした。

 

はっきり言います。

愚痴を言い続ける母親はどうして変わろうとしないのでしょうか。

 

それは、変わりたくないから、です。

 

変わりたい! でも変わりたくない?

 

もちろん、愚痴を言い続ける母親に「お母さんってほんとはさ、変わりたくないんだよね」なんて言おうものなら、烈火の如く怒り出すことでしょう。

 

「お母さんはこんなに苦しんでるのにそんなこと言うなんてっ、ひどすぎるっ!」

そんな感じで瞬時に反発されるかもしれません。

 

実はそんなふうにすぐ反応するってことは図星だったりするのんですけどね。

 

本当は変わりたくないのです、潜在意識下では。

潜在意識下では、ってのがキモですね。

 

でも表面的には、めっちゃ変わりたがってます。

 

愚痴ばかり言う母親が、表面的には変わりたい!と思っていても、潜在意識下では変わりたくないのには理由があります。

 

愚痴ばかり言う母親はなぜ変わりたくないのか?

 

 

愚痴ばかり言う母親は潜在意識下では変わりたいと思ってません。

 

なぜなら、現状が変わらない方が自分にとって都合がいいからです。

 

ええ?父親(母親にとっては夫)に苦しめられているという不幸な現状に愚痴を言い続ける方が都合がいいってどういうこと?

と思われるかもしれません。

 

都合がいいというのはどう都合がいいのかと言うと、「被害者」でいるために都合が良いのです。

 

どうして「被害者」でいたいのかというと、悪いのは全て「加害者」のせいにでき、自分は何も悪くない、という立場にいれるからです。

 

そして、悪いのは全て「加害者」である父親(夫)のせいなので、自分は自分を変えるために努力をしなくてすみます。

 

他にも「被害者」は、同情してもらえる、かわいそうと思ってもらえる、守ってもらえる、寄り添ってもらえる、味方になってもらえる、色々と世話をやいてもらえる、心理的にケアしてもらえる、など色々なメリットがあります。

 

愚痴を言い続ける「被害者」でいることって、案外メリットが大きいんです。

 

「被害者」でいることを望む潜在的理由

 

 

色々なメリットがあるとしても、でも表面的には苦しんでいるわけですよね。

苦しみ続けることに耐えるのにはかなりエネルギーを使います。

同じエネルギーを自由で楽しい人生を送るために使う方が、よっぽど効率的です。

 

でもそこに視点がいかないのには、またさらに潜在意識の奥深くに原因があります。

 

その原因とはインナーチャイルドです。

 

インナーチャイルドは主に子ども時代についた心の傷や抑え込んだ満たされない想いの総称です。

愚痴を言う母親の子ども時代の家庭は、心からの幸せや安心を感じるようなものではなかった可能性が高いです。

そして、大きなインナーチャイルドを潜在意識下に抱えているはずです。

 

実は母親が「被害者」でいることで一番ケアしてもらいたいと願っている相手は、子どもであるあなたではなくて、母親の母親なのかもしれません。

 

なので子どもであるあなたが、いくら母親の愚痴を聞いて、助けてあげようとしても、母親は心からは満たされません。

だからこそ、えんえんと愚痴を言い続ける、という悪循環が生まれます。

 

母親の人生は母親のもの、あなたの人生はあなたのもの

 

 

愚痴を言い続ける母親がなぜ変わろうとしないのか、その理由に思い当たることはあったでしょうか。

 

愚痴を言い続ける母親をなんとかしようとしても、本人が潜在意識で「被害者」でいることを望んでいるので、変わらないのは仕方がないのです。

 

なので、母親の人生は母親のもの、私の人生は私のもの、として割り切って、母親の愚痴を聞き続けるためのエネルギーを、あなた自身が楽しく自由な人生を送ることの方に使っていくのがオススメです。

 

思い切って、母親の愚痴を聞いてみるのをやめてもいいかもしれません。

請われるがままに、母親のために色々動いてあげようとしなくていいかもしれません。

電話がかかってきても、出なくてもいいかもしれません。

 

あなたは母親の「被害者」である必要はありません。

 

まとめ

 

 

どうして愚痴を言い続ける母親は変わろうとしないんだろう?

 

そんなふうに、親を観察したり、あなたと親との関係を見つめてみることで、あなた自身がもっと自由に楽しく生きるためのヒントになります。

 

親子関係を見つめれば、楽に自由になる

 

これは私自身の経験や、私のクライアントさんたちを観察し続けてきて、深く実感していることです。

 

私自身は母親の愚痴を聞くことをキッパリやめました。

 

詳しくはこちら

 

今は家族3人、毎日笑いながら楽しく過ごすことができています。

親子関係で消耗していたエネルギーを自分を大切にするために使うようになったおかげです。

 

そしてこれからも、親子関係を通して楽に自由になる方法をお伝えし続けていこうと思います。

 

 

おすすめの記事