なんでこの子とはこんなに合わないんだろう

合わな過ぎてイライラする

自分の子どもなのに、正直かわいいとは思えない

 

そんなことはありませんか。

 

複数人子どもがいる場合、この子は合ってるけど、この子はダメ、というように子どもによって相性のいい悪いがますますはっきりしてくるかもしれません。

 

合わないなぁ、と客観的に感じるだけでなく、イライラする!一緒にいたくない!などとネガティブな想いが強く出てくる場合、その相性の悪さの裏側にはある要素が隠れています。

そして、その要素があるから、相性が悪い、と感じてしまうこともあるのです。

また、要素を知るだけで、ネガティブな想いもちょっぴり減るかもしれないので、この記事でお伝えしようと思います。

 

相性が悪いと感じることとは

 

まずは相性が悪いと感じることはどういうことを指すのか、探ってみましょう。

 

相性(合性、あいしょう)とは、二人ないし複数の人間が各々持つ性質や性格が合うかどうかのことである。

 

相性が悪いとは、各々の持つ性質や性格が合わない、ということです。

 

では性質や性格が合わないとはどういうことでしょうか。

 

のんびりな人と、せっかちな人

大勢の人と関わりたい人と、一人が好きな人

細かいことにこだわる人と、大雑把な人

 

一般的には上記のように正反対の性質・性格を持っている人同士は合わないと言えるかもしれません。

でも、反対の性質・性格を持っているから補い合える、違いを面白がれる、反対の性質・性格を持っているからこそ合っている、と感じる人たちもいそうです。

また同じような性質・性格を持っているため、ぶつかったり、反対に何も刺激が感じられなくて、合わないと感じることもあるでしょう。

 

性質・性格が合わない、つまり相性が悪いと感じることとは、客観的にこういう性質とああゆう性質は合わないと判断するというよりは、主観的に相手に対して「相性が悪い」と感じることが主な判断材料になってくると思われます。

 

どうして相性が悪いと感じるのか

子どもや人に対し、自ら「相性が悪い」と感じる場合、そこにはネガティブな気持ちがあるのではないでしょうか。

 

自分は決してしようとしないことをする人

自分はすることが当たり前だと思っていることをしない人

 

そんな人を前に、「理解できない」「どうして?」というような気持と怒りや不安などのネガティブな感情が出てくることが一般的でしょう。

 

自分の子どもの場合は、自分にネガティブな感情が湧きおこる子どもの性質や行動を、まずは変えようとするかもしれません。

 

例えば、以下のケースなどはよくありがちかもしれません。

・自分が空気を読むタイプなら、空気を読まないタイプの子どもに対し、空気を読むように指導する

・自分がちゃっちゃとものごとを片付けるタイプなら、のんびりペースの子どもに対し、さっさと行動するように促す

・自分が男性に依存せず対等な関係でいたいタイプなら、派手な色のふりふりのスカートや女の子っぽい仕草を好む娘に対し、さっぱりした地味な色の洋服を身に着けるように説得する

 

自分がいくら言っても子どもが変わらない場合、「相性が悪い」とあきらめがちになり、一緒にいたくない・かわいくない、というような気持になっていくように思います。

 

なぜ相性が悪いとネガティブな感情が湧いてくるのか

 

 

子どもと性質や性格が合わないことに対し、それを単なる自分との違いとしてポジティブに捉えることもできます。

そう、人はそれぞれ、どこか自分とは違うものです。

違いがあるからこそ、色んな見方があることを学べたり、新しい視点を取り入れられたり、刺激を得られたりすることはよくあります。

みんながみんな、自分と同じような性質や性格だったなら、人生はつまらないものになってしまう可能性も高いです。

 

では自分との違いをネガティブな感情と共に「相性が悪い」としてしまうのはなぜでしょうか。

 

私は以下のような原因が根本にあると思っています。

 

相性が悪いと感じる子どもの性格・性質は、本当は自分の中にも持ってる。

でもそういう性格・性質を持っている自分が嫌なので、否定したいので、そういう性格や性質を出さないように頑張っている。

なので、自分が嫌だと思う性格や性質を目の前の子どもに見出すと、嫌悪感を感じてネガティブな感情が出てくる。

 

例えば、

・本当は空気なんて読みたくない、自由な性質を持ってるのに、空気を読まないと嫌われるので、頑張って周りに合わせている

・本当はのんびりしたペースも好きなのに、のんびりしていると嫌がられるので、ちゃっちゃと頑張ってやっている

・本当はスカートをはいたり、明るい色の洋服を着たり、甘えた仕草もしてみたいけど、軽薄そうに思われるので、暗めの色のパンツスタイルしかしない

 

どうして否定してしまうのか

では、どうして自分の中にある性格や性質を否定してしまうのでしょうか。

 

それは、上記にある例え部分の下線部黄色部分の文章にヒントがあります。

 

自分の中の否定したい性格や性質は、以前、嫌われた、嫌がられた、ネガティブに思われたなどと、誰かから否定された可能性が大きいです。

それは、覚えていないほど昔かもしれません。

よくあるのは、自分の親から否定された経験や、自分の親がそういう性格・性質を持っている誰かのことを否定しているのを聞いた経験などが元になっているケースです。

相性が悪いと感じてイライラする、とまでなっている場合、そういった経験がインナーチャイルド、つまり心の傷となって潜在意識の奥深くに残っていることが考えられます。

 

「相性が悪い」から「違いを認める」へ

「相性が悪い」と感じてイライラする根本的な要因は自分の中にあるということは、ご理解いただけたでしょうか。

子どもに対し「相性が悪い」と感じる性格や性質を嫌がるようになった経験を探ってみることをおススメします。

経験に気づくだけでも、インナーチャイルドが癒されることがあります。

 

そして次は、「相性が悪い」から「違いを認める」にシフトしていきましょう。

 

子どもとの違いを楽しむとしたら、どのように楽しみますか?

思いつくままに、書き出してみましょう。

 

例えば、、、

子どもがどこまでのんびりペースなのか観察して楽しむ。

自分も一緒に空気を読まないことを試して楽しむ。

子どもの好む思いっきりフリフリな洋服を買ってあげて、どんな反応を示すか予想して楽しむ。

などなど。

 

自分で思いつかない場合は、他の人の意見を聞いてみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

 

「相性が悪い」として、子どもの性格や性質に対しイライラするなどネガティブに感じていると、子どもは自分の性格や性質を受け入れられなくなり、自分を否定的にとらえるようになっていく可能性が大きいです。

そうやって育った子どもは、どこか自分に自信が持てなかったり、情緒が不安定になったり、人生をあきらめがちになったりします。

 

しかし親が子どもとの関係を「相性が悪い」で片付けるのではなく、違いを積極的に楽しむようにシフトしていくと、子どもはありのままの自分を受け入れ始め、子どもの自己肯定感は上がり、信頼感を持って人生を歩むことができるようになっていきます。

 

「相手との違いを認めて楽しむ」

それを世界中の人がやりだしたら、世の中から戦争はなくなっていくのかもしれません。

 

まずは自分の家庭から、戦争のタネをなくしていきませんか。

 

 

 

おすすめの記事