・子どもに感情的に怒ってしまう

 

・本当はもっと穏やかでいたいのに全然無理

 

・いつの間にかイライラがたまっていき、爆発してしまう

 

・感情が爆発してもすぐおさまらず、ずっとぐちぐち言い続けてしまう

 

・そういう自分が嫌になり、もう二度としないと思うのだけど、繰り返してしまう

 

あなたの子育てにおいて、上記のようなことは起こっていませんか。

 

もしそうであるなら、あなたの子育ての感情的な問題にはインナーチャイルドが大きく影響しているかもしれません。

 

感情とインナーチャイルドの関係を知り、子育てに関する感情的な問題を紐解いていくヒントにしていきましょう。

インナーチャイルドとは

 

まずインナーチャイルドとは何かを見ていきましょう。

 

インナーチャイルドの定義

 

インナーチャイルドとは、内なる子ども、と訳されます。

もともとは心理療法の一つである交流分析療法の中の言葉として誕生したようです。

インナーチャイルドとは何か、色々な定義があるようですが、自分の中に住んでいる、ありのままの子どもの頃の自分、と定義づけられることが多いようです。

ここでは、インナーチャイルドとは、乳児期から成人するまでの間についた「心の傷」「満たされなかった想い」と定義することにします。

インナーチャイルドはどうやってできるのか

 

乳児期から成人するまでの間に起こった出来事により、傷ついた、満たされなかったと主観的に感じたときに、インナーチャイルドが形成されます。

主観的、と書いてあるように、何が起こったかよりも、そのとき自分はどう感じたのか、が重要になります。

虐待やいじめなど、一般的にわかりやすいシビアな出来事が起きていなくても、インナーチャイルドが形成されるきっかけは沢山あります。

以下に一般家庭でよく起こりがちなインナーチャイルドが形成されやすい出来事の一例を挙げます。

 

インナーチャイルドが形成される出来事の一例

 

小さいころ、新しいおもちゃで夢中になって遊んでいました。

夕食の時間になったので、母親は遊ぶのをやめて食卓につくように言いました。

しかし遊ぶのが楽しかったのと、母親の言う言葉の意味がよくわからず、遊び続けました。

何度言っても遊ぶのを止めないので、母親はイライラが高ぶり、怒鳴りながら新しいおもちゃを無理やり取り上げました。

怖れや悲しみ、怒りや悔しさ、寂しさなど色んな感情が一気に湧きあがり、泣き叫びながら母親にすがりつきました。

母親は泣き叫ぶあなたに対し、更に大声で怒鳴り、まとわりつくあなたを拒絶しました。

感情はさらに爆発し、拒絶されながらも必死で母親のあとを追いかけました。

 

子どもがその場で抱えきれなくなった心の傷や想い+大きな感情の揺れで、インナーチャイルドが形成されます。

 

この場合のインナーチャイルドの核となる心の傷や想いは、以下のようなものになるかもしれません。

 

「私は愛されていない」

「私はダメな存在なんだ」

「楽しいことをしてはいけない存在だ」

「楽しいことは取り上げられる」

「泣きわめいたら見捨てられる」

 

※あくまで例であって、この出来事をどう受け止めるかはそれぞれの子どもの主観によります。

 

感情とインナーチャイルドの関係

 

子育てにより、子どもと関わることで、自分の子ども時代を彷彿させたり、子どもに自分の子どもを投影したりして、乳幼児期から成人するまでの間に形成されたインナーチャイルドが刺激されやすくなります。

 

例えば、自分の子どもが遊びに夢中で、ご飯だと呼んでも無視して遊び続けていたとします。

あなたに上記の例で挙げたようなインナーチャイルドがあったとして、あの頃と全く同じような場面が目の前に起こることにより、インナーチャイルドが刺激されます。

刺激されたインナーチャイルドは感情を大きく、深い部分から揺り動かします。

 

もしインナーチャイルドの刺激がなければ、子どもが納得するまで、ご飯だから遊びをやめてこっちにおいで、と穏やかに言い続けることも可能かもしれません。

もしくは充分に遊び終わるまで、待つこともできるかもしれません。

 

インナーチャイルドがどんな感情を揺さぶるのかは人それぞれで、大抵色んな感情が入り混じってます。

ここではもしあなたの中から怒りが出てきたとして、心の奥ではどんな想いがあると考えられるのか、例として以下に挙げてみます。

 

・遊びに夢中で母親を無視したとき、私はひどく怒られて悲しかったのに、目の前の子どもは平然としていて、ずるい!

・遊びに夢中で母親を無視したり、ご飯の呼びかけに応えない子は親に怒られて当然だ!

・私を無視するなんて、どうせ私はダメな人間だってバカにしてるんでしょ!

・あなたがそんなだと、私が親に怒られるんだから!

・ひどく怒られた辛い想いを思い出させるなんて、なんてひどい子!

 

インナーチャイルドが感情を刺激するときの特徴

 

表面的な感情の揺れではなく、奥底から突き上げるように揺れるのがインナーチャイルドが感情を刺激するときの特徴です。

そして、なかなかその揺れはおさまりません。

ぐるぐると思考や想いがループする場合も多いです。

「子どもは遊びに夢中で私の言うことを理解できていないだけ」などと論理的な思考で落ち着こうと思っても、バカにしてる!ずるい!などというような子どもっぽい想いの声の方が強く、実体感があります。

 

そしてインナーチャイルドが刺激した感情は抑えるのが難しい傾向にあります。

なので、子どもに穏やかに接したい、といくら願っても、感情は出続け、できることと言えば、なるべく表に出さないように我慢することしかできません。

しかし我慢にも限度があるので、ふっと抑え込む力が緩んだ時に、カッと怒りが出て行動や言動に影響する、というパターンになりがちです。

 

また、大抵色々な感情が入り混じっていると書きましたが、カッとなって怒った後、悲しくなる、など、一見矛盾するような感情も生まれることもよくあります。

怒りは動きのあるエネルギーなので、行動や言動に瞬時に影響を与えやすいのですが、少し落ち着いてから子どもを見て、小さい頃怒られて傷ついた自分が投影され、そのときのインナーチャイルドが刺激されて、後悔の念に苛まれる、というようなパターンもよくあります。

矛盾するような感情に振り回されることが多いと、疲れ切ってしまい、だるかったり気力がなくなったり、身体に悪影響が出てきやすくなります。

 

インナーチャイルドを癒すには

 

行動や言動に影響が出るような大きな感情の揺れを、我慢するのではなく、根本的に減らしていくには、インナーチャイルドを癒していくことが基本になります。

ではインナーチャイルドはどうやって癒していけばいいのでしょうか。

 

ファーストステップとしては、自分にはどんなインナーチャイルドがあるのか、気づいていくことです。

 

お勧めのワークは自分の想いをノートに書き出すことです。

 

子育てにおいて強く感情が揺れる場面を思い出し、そのとき自分の心にある想い全部を、殴り書きでもいいのでノートに素直に書き出します。

こんなこと思っているなんて、子どもに申し訳ない、という想いが出てきても、それも書き出します。

色んな感情が湧いてくるかもしれませんが、湧いてくるまま感じます。

一通り書ききったら、同じような想いや感情を子ども時代に抱いていたことはなかったか、記憶をたどってみます。

もし思い当たることがあったら、その時、自分が抱いていた想いや感情を、ジャッジせずにありのまま受け入れます。

 

コツは記憶をたどるときに、無理やり掘り出そうとしないことです。

ただ意識の光を当てておく、くらいの余裕がベストです。

そのとき出てこなくても、後でふとした時に思い出すこともあります。

 

軽めのインナーチャイルドならこれだけで癒されることもありますが、インナーチャイルドは自分が思っているよりも膨大で、しかも複雑に絡み合っていることが普通です。

より早く、深いいインナーチャイルドを癒していきたい場合は専門家のサポートを受ける方が着実です。

私のおすすめは一悟術です。

なかでも一悟術ヒーリングは、記憶をたどる必要なく短期間でインナーチャイルドのエネルギーを一定の割合以上癒してくれるので、シンプルかつ効率的なツールだと思います。

 

まとめ

 

自分の子育てを通して、また一悟術ヒーリングを提供していく中で沢山の親子関係を観察してきて、子どもは親のインナーチャイルドを刺激する役割があるのかもしれない、と思っています。

まるで、ここに傷があるんだよ、この傷を癒せば楽になるんだよ、と子どもが教えてくれているかのようです。

子育てにおいて感情的な問題を抱えているなら、それはあなたが自由に軽く変化していくチャンスです。

ご自身のインナーチャイルドを癒して、今までにないスッキリとした風通しのよい人生を送っていきましょう。

 

私、八神もサポートします。

 

おすすめの記事