感情カウンセリング

感情カウンセリング

 

感情、って人生の大きなテーマじゃないですか?

 

昔の私はそうでした。

 

あの時、感情的にさえならなかったら・・・と後悔したことは一度だけではない・・・。

もう数えきれないくらいありますよ。

 

幼いころは「泣いたと思ったらすぐ笑う」というように自然と流れていた感情。

 

しかし大人になるにつれ、いろんな余計なものを身にまとうようになります。(バーストラウマとインナーチャイルドとかね)

 

例えば、感情的になると、親に怒られた、嫌な顔をされたなどの体験が積み重なると、感情を自由に表現しづらくなり、感情感じることそのものにフタをするようになります。

抑圧された感情のエネルギーはどんどん滞っていきます。

 

滞った感情のエネルギーはドロドロになり、そして固くヘドロにようになっていくのです。

 

滞った感情のエネルギーは、人生のあちこちで感情的な問題を起こします。

 

抑えきれなかった感情が爆発し、人間関係を複雑にすることはよくあることです。

 

また感情のエネルギーに滞りがあることで、本当の自分からの声が聞こえにくくなります。

本当の自分がわからないので、迷うことが多くなり、モヤモヤとスッキリしない気持ちを抱えがちになります。

 

また、重く滞った感情エネルギーは、生きる活力を失わせます

 

感情カウンセリングは直接的に感情のエネルギーの滞りを扱います。

 

感情のエネルギーを直接的に扱うことができるという点が、感情をサポートする他のツールとの違いとも言えるでしょう。

 

 

感情カウンセリングには2つのメニューがあります。

 

感情カウンセリング トレーニングコースは、

 

自分自身で感情のエネルギーの滞りを扱っていくスキルを10回かけて身に着けていきます。

 

 

 

 

 

感情カウンセリング 通常セッションは、

 

一般的なカウンセリングのように自由に話してもらいつつ、感情のエネルギーの滞りが自然にほどけ、本当の自分の声に自分で自然に気づくような場を提供します。

 

カウンセリングの後に、不思議なスッキリ感を感じていただけると思います。

 

 

 

 

 

 

※八神詠子は感情カウンセリング協会認定感情カウンセラーです。