親子へのヒーリング

親子へのヒーリング

 

私が子ども(0〜18歳)にヒーリングを提供する条件、それは子どもの主な養育者(主に母親)がヒーリングを受けていること。

 

 

子どもがヒーリングで自由にのびのびと変化していっても、身近な親がバーストラウマとインナーチャイルドの影響を受けた子育てをしているままだと、子どもの前向きな変化を無意識に拒絶してしまう可能性が高いのです。

 

 

ありのままを認めてもらえない子どもは、せっかくインナーチャイルドを取り扱っても、また新たなインナーチャイルドをつけてしまい、非常にもったいない!

 

 

前向きな変化の足を引っ張るベースとなるインナーチャイルドは親子関係から生じることがほとんどだから。

 

 

イラスト「親子のトラウマ」

 

子どもは親のインナーチャイルドを刺激する役割がある。

多くの悩ましい親子関係を目の前にすると、そう感じます。

 

 

まるで「お母さん(お父さん)、あなたのインナーチャイルドはここにあるんだよ。ここを癒せばずっと楽になるんだよ!」と子どもが教えてくれているようなんですよね。

 

 

子どもが身をもって教えてくれている、と感じるなら、、、

 

もう、親子一緒に自由になっていきましょう!

 

 

親子向けのヒーリングは、親子同時にヒーリングを申し込むことで、割引価格で提供するというメニューです。

 

 

同時期に親子でヒーリング受けることで、親は子から学び、子は親から無意識に学び、ポジティブなスパイラルの中で大きな相乗効果が期待できます。

 

 

 

イラスト「親子ヒーリング後」

 

 

バーストラウマとインナーチャイルドを取り扱ったあとの親子関係は、今までの親子関係からは想像もつかないほど、明るくシンプルで、前向きなものになっているはず。

 

 

これから先、何が起こるかわからない不透明な世界を親子共々幸せに生きていくには、深い部分で信頼し合える親子関係は必要不可欠なもののように思います。

 

 

深い根本的な親子の癒しを希望される方にぜひ!