縄文家族とは

 

縄文時代と聞いて、何を思い浮かべますか?

 

 

未開で粗野な人たちが、原始的な暮らしをしていた時代、

昭和の学校教育の中で学んできた私は、そんなイメージを持っていました。

 

 

でも本当は、縄文時代は一万年以上平和な時代が続いた、世界でも例をみない特別な時代なんです。

しかも、世界4大文明に加えられてもよいくらいの、高度な文明が縄文時代にあったとする学者もいます。

 

 

今流行りのSDGsを、まさに一万年以上も続けていたのも縄文時代です。

 

 

人々が自然と共存し、争うことなく、支配するされる関係でない平等対等な関係を育んできたからこそ、平和な時代が続いたのだと思います。

 

 

そして縄文時代の精神を受け継いでいるのが、私たち日本人。

 

 

縄文家族とは、そんな奇跡的な平和を保っていた縄文時代の核となっていた家族関係を意味する言葉です。

 

 

一人一人が、そして家族単位が幸せじゃなければ、1万年も続いた、争いのない、平和な社会は生まれません。

 

 

縄文時代の家族とは一体、どんな感じだったのでしょうか。

 

 

八神のイメージする縄文家族は以下のような感じです。

 

・一人一人が対等で平等な家族

 

・必要以上に干渉しあわず、相手を尊重し、適切な距離感でゆるやかにつながる家族

 

・自分への信頼をベースにした、信頼し合う家族

 

 

縄文時代の精神を受け継いでいるはずの私たち日本人は、そんな家族を築いていける素質を心の奥底に持っています。

 

 

なのに、、、

現代社会では、たくさんの人が家族関係で悩んでいたり、しっくりしない思いを抱えています。

 

 

自然から離れすぎてしまったせいでしょうか。

私たちは色々なもので縛り付けられているように思います。

 

 

でも、自分を縛り付けているものから解放されれば、自分らしくリラックスして、スッキリシンプルに、家族と信頼をベースにつながっていけます。

 

 

私は13年前、息子を妊娠中に、縄文時代の知恵を元にしたヒーリングを受け、自分をがんじがらめに縛り付けてきたものを解き放ってきました。

 

 

そして、自分でもそのヒーリングを仕事として提供しているうちに、どんどん縄文時代の精神性とつながるようになってきました。

 

 

私は家族関係の記事をこのホームページの中で発信していますが、がんじがらめに縛りつけているものから解放され、縄文家族に向かっていくひとたちを増やすために書いています。

 

 

そして、私自身も、私の家族と縄文家族になっていく。

 

 

そう、縄文家族でハッピーにいこう!

 

 

自分自身が平和になることで、家族が平和になる。

 

そして家族が平和になることで、社会が平和になり、日本が、そして世界が平和になっていく。

 

 

そんな真の平和を、まずは自分の家族関係から、目指しませんか。

 

 

必要な方には、セッションでサポートします。