縄文時代の知恵を使ったヒーリング

縄文時代の知恵を使ったヒーリング

 

縄文時代は非常に精神性の高かった時代と言われています。

 

 

一万年以上平和な時代が続き、大いなる自然のめぐみが豊かで生きるために1日4時間以上働く必要がなかったと言われる時代、

精神性を深める時間も余裕も、がっつりあったんでしょうね。

 

 

なんて羨ましい・・・

 

 

いやいや、現代だって、特に日本では、生きるための衣食住に困る人はほとんどいないでしょう。

衛生状態が向上し、新生児死亡率は減り、平均寿命はぐんと伸びています。

生活を豊かにするための道具は山ほどあります。

 

 

なのに、なぜか心に余裕はなく、もので満たされていても、どこか満たされない想いを抱えている人がほとんどです。

 

 

私の仕事で提供している、縄文時代の知恵を使ったヒーリングは、縄文時代に使われた治癒の技術の一種です。

 

 

精神性が高く、エネルギー的なものをキャッチする力に長けていただろう縄文の方々ですから、ちょっとエネルギーが変、と感じたら、知恵を使って治癒していたんでしょう。

 

 

その知恵はどこに作用するかというと、潜在意識の奥底にある、バーストラウマとインナーチャイルド、という、胎児期から成人するまでの心の傷・満たされなかった想いである滞ったエネルギーです。

 

 

心の目で見ると、バーストラウマとインナーチャイルドは体の周りに黒いモヤのようにまとわりついてます。

 

 

縄文時代に生きた人から見ると、現代人は、「真っ黒で本人が見えないぜ!」ってな感じなんでしょう。

 

 

だから、どこか満たされない。

心が晴れることは滅多になくモヤモヤしている。

 

 

そこで縄文時代の知恵を使ったヒーリングがいいんです♪

 

 

私は12年以上、赤ちゃんから年配の方まで、このヒーリングを提供し続けてますが、そのおかげで、心の深い部分から変化していくためにはなにが有効なのか、じっくり観察し、知識と感覚を蓄積していくことができています。

 

 

そしてこのホームページに、家族関係の悪循環から抜け出し、人生を豊かにするための情報として記事にしています。

 

 

現在、ヒーリングはご縁のある方のみの会員制で提供とさせていただいています。

 

 

会員登録(無料)に興味ある方はお問い合わせください。