前回はこちら ⇒ 「自然療法漂流記~私が楽園に行き着くまで~」⑦

波動療法 後編

 

 

 

 

 

※このマンガでは波動療法とは、液体や砂糖玉など物理的なものに植物、鉱物や生物などの波動を転写させたものを使う療法のことを指しています。

 

 

私が当時感じた波動療法のメリット・デメリット

 

メリット

・ 体や心の症状を敵とみなし排除しようとするのではなく、症状と向き合いそこから気づきを得ようとする姿勢が学べる。

・ 自分の症状の波動と選んだレメディやエッセンスが合致すれば効果的である。

・ レメディやエッセンスなどは小売店や通販などで容易に手に入る。

 

デメリット

・ 自分の症状とたくさんの種類があるレメディやエッセンスを合致させるのには、センスが必要である。

・ あまりに固執しすぎると、現代医療を敵のようにみなしてしまう危険性がある。

・ 毒出し的症状が大きく出る場合もある。

 

 

次回はこちら ⇒ 「自然療法漂流記~私が楽園に行き着くまで~」⑨

 

 

おすすめの記事